背中にきびの治療 TOPページ

背中にきびに悩んでいませんか?

背中は顔と同様、皮脂腺が多い場所です。
従って顔と同じくらい背中ニキビができやすい場所なのです。

しかも、背中ニキビの場合、顔と違って、鏡でチェックする事が難しいため、ほおっておかれる事も多く、気付いた時には、ア然とする事も。

背中にきびは自己の生活習慣の改善によって、事前に防止したり、症状を軽減できたりすることができます。

やはり普段から正しい知識を持って対処することが重要です。

背中にできたものを主に背中にきびと呼びます。

背中にきびのように体にできるにきびは、色素沈着を起こし、特にシミを作る要因となります。

背中の中心部には顔とおなじ様に皮脂腺が多いため、その皮脂腺からの分泌、炎症などが背中にきびの原因となります。
自分では見ることができない、でも気になる背中のにきびもしっかり治療することができます。

背中にきびなど身体にできるにきびは色素沈着(シミ)をひき起こし、一生残ってしまうというやっかいな特徴があります。
また、背中にきびはその発生の場所が自分では発見しづらく、ケアも難しいため専門医の治療が必要です。

背中にできるにきび≠焉A主に皮脂が影響していると言われています。

背中ニキビの直接の原因はアクネ菌の無駄な繁殖ですが、
アクネ菌が無駄に繁殖する原因が毛穴が詰まってしまった状態にあります。

背中というものは、ニキビの直接の原因でもあるアクネ菌の絶対数が少ないため、思ったよりも早く、背中ニキビは治ります。

毛穴が詰まる原因を知り、適切な対策によって背中にきびとは、簡単に治療できるものです。

当サイト、「背中にきびの治療」では背中にきびの原因、予防や治療方法、改善策など背中にきびについて詳しく紹介しています。




化粧水はあくまで補助的な役割

化粧水はあくまで補助的な役割

水分と皮脂の量のバランスが良く、スキンケアしやすい肌タイプが普通肌です。特に化粧水は毎日のケアとして、洗顔後につける程度で構いません。にきびに対しての化粧水はあくまで補助的な役割ですが、予防や治療には効果的です。

洗顔料と同じように肌に刺激の少ない自然派化粧水を使えば、一層効果的でしょう。ただ、にきびができやすい人は脂性肌のタイプに分類されやすいために普通肌であることは少ないでしょう。

また、肌は季節や年齢を重ねるごとにも状態が変わりますし、お酒を飲んだ次の日に肌が荒れるといった場合もあり、日によっても異なります。食事や睡眠とセットで、体の内側と外側の両面から正しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。

自分の肌タイプを常にチェックして、正しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。そのため、体質や食事で肌タイプが向上することも多いですし、その逆もあります。

⇒背中にきびの治療TOP


皮脂の過剰分を抑える化粧水

ニキビが出来ている人で洗顔後に”化粧水をつけてからニキビの薬をつけてもいいのかしら”と悩んでいる方もいると思いますが結論からいえば大丈夫です。洗顔の後は皮脂の過剰分を抑える化粧水をつけて肌に少しでも潤いを持たせることが大切です。本来素肌には自らを雑菌や外部の敵から守るバリア機能というものが備わっています。

泡で洗うんだということを頭において洗顔してください。かえってそれがバリア機能を壊してしまいニキビや 肌荒れを悪化させる原因になっていたりします。

ニキビが出来るからといって過度の洗顔はいけません。私たち人間の肌は、肌を乾燥から守ろうという働きがありますので肌に潤いがないと肌を乾燥から守ろうとしてどんどん皮脂がでてきてしまい、ニキビにつながってしまうことがあります。

顔をゴシゴシ洗っていませんか?洗顔は石けんを泡立てて、その泡で顔をつつみこむようにそっと洗います。ニキビが気になる肌の人への化粧水として肌にみずみずしさを与えて乾燥による皮脂のつまりを防ぎ、ニキビをくりかえさない肌に整える刺激が少ない超敏感肌の方専用の化粧水があります。

⇒背中にきびの治療TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。