ニキビに関係の深いビタミン

私の場合は、クセで顔をさわってしまい、にきびを悪化させてました。結局、A、B群とCを摂るか、マルチビタミン(総合ビタミン)を摂る事になります。触らない(刺激をしない)ことも大事ですね。なので、1日1回ではなく、3回(食事時)に分割すると効果的です。ニキビに関係の深いビタミンは、ビタミンA、C、B群です。

ほんとうに困ったら皮膚科へ行きましょう。にきびにはビタミンBですね。皮脂腺の働きが低下して、油脂が貯留したり、油脂が酸化、細菌が増殖したりすると、悪化します。酸化を防ぐにはビタミンC、Eが有効です。

寝具のリネン類をまめに洗濯することも人によっては効果的です。サプリメントは食事の補助なので、薬ではありませんので注意。(そこでも出されるのはビタミンB錠剤だったりしますが、病院のは医薬品)それと、ビタミンCは水に溶けやすく、一度に大量に摂取しても余剰分は尿として排出されてしまいます。ファンケルや大塚製薬(ネイチャーメイド)からでてます。

皮脂腺の働きにはビタミンAが大切です。ミネラルは亜鉛です。体内で、油脂の分解に働くビタミンが不足する場合には、ビタミンB群が効果的です。原因は、体内で利用されない油脂、または摂りすぎの油脂が、皮膚の脂の腺から、皮膚に必要な量以上分泌される状態です。

⇒背中にきびの治療TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。