黒にきびのケア方法

白にきび・黒にきびの段階では皮脂の分泌を抑え、角質のケアを行うようにしましょう。赤にきびはプクッと赤く腫れており、炎症がひどいと膿や痛みを伴う場合があります。さらに、PDTと呼ばれる治療法を使用するところもあります。黒にきびは、目立ちやすい上に色素沈着の恐れもあります。

PDTはにきびの原因菌であるアクネ菌やそれ以外の菌を一気にとり除く働きがあり、さらに皮脂分泌の一時的な抑制効果も期待できます。赤にきびにおけるケアとしては、炎症を抑えることとにきび菌の除去が必要です。この段階までくると自己流のケアで治すのは難しく、早めに専門のクリニックに行く必要があります。なので、しっかりケアすることが必要です。

さらに、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として細菌が繁殖し、炎症を起こしたものを赤にきび(丘疹)と言います。そして、上記の場合のことを膿庖と言います。もしくは、ケミカルピーリングで角質の状態を整えたり、高濃度ビタミンCをイオン導入して、皮脂の分泌を抑制する場合があります。自己流のケアだと、にきび跡を残す原因になりますので注意してください。

この状態を黒にきびと言います。専門のクリニックに行くと、飲み薬や塗り薬などの抗生物質を処方されるでしょう。白にきびの状態で浮き上がった皮脂が酸素に触れると、酸化して皮脂が黒色に変化します。また、にきびの原因でもあるアクネス菌を殺すために、フォトフェイシャルアクネスやクリアタッチといった光療法を行う所もあります。

⇒背中にきびの治療TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。