皮脂の過剰分を抑える化粧水

ニキビが出来ている人で洗顔後に”化粧水をつけてからニキビの薬をつけてもいいのかしら”と悩んでいる方もいると思いますが結論からいえば大丈夫です。洗顔の後は皮脂の過剰分を抑える化粧水をつけて肌に少しでも潤いを持たせることが大切です。本来素肌には自らを雑菌や外部の敵から守るバリア機能というものが備わっています。

泡で洗うんだということを頭において洗顔してください。かえってそれがバリア機能を壊してしまいニキビや 肌荒れを悪化させる原因になっていたりします。

ニキビが出来るからといって過度の洗顔はいけません。私たち人間の肌は、肌を乾燥から守ろうという働きがありますので肌に潤いがないと肌を乾燥から守ろうとしてどんどん皮脂がでてきてしまい、ニキビにつながってしまうことがあります。

顔をゴシゴシ洗っていませんか?洗顔は石けんを泡立てて、その泡で顔をつつみこむようにそっと洗います。ニキビが気になる肌の人への化粧水として肌にみずみずしさを与えて乾燥による皮脂のつまりを防ぎ、ニキビをくりかえさない肌に整える刺激が少ない超敏感肌の方専用の化粧水があります。

⇒背中にきびの治療TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。