化粧水はあくまで補助的な役割

化粧水はあくまで補助的な役割

水分と皮脂の量のバランスが良く、スキンケアしやすい肌タイプが普通肌です。特に化粧水は毎日のケアとして、洗顔後につける程度で構いません。にきびに対しての化粧水はあくまで補助的な役割ですが、予防や治療には効果的です。

洗顔料と同じように肌に刺激の少ない自然派化粧水を使えば、一層効果的でしょう。ただ、にきびができやすい人は脂性肌のタイプに分類されやすいために普通肌であることは少ないでしょう。

また、肌は季節や年齢を重ねるごとにも状態が変わりますし、お酒を飲んだ次の日に肌が荒れるといった場合もあり、日によっても異なります。食事や睡眠とセットで、体の内側と外側の両面から正しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。

自分の肌タイプを常にチェックして、正しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。そのため、体質や食事で肌タイプが向上することも多いですし、その逆もあります。

⇒背中にきびの治療TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。