黒にきびのケア方法

白にきび・黒にきびの段階では皮脂の分泌を抑え、角質のケアを行うようにしましょう。赤にきびはプクッと赤く腫れており、炎症がひどいと膿や痛みを伴う場合があります。さらに、PDTと呼ばれる治療法を使用するところもあります。黒にきびは、目立ちやすい上に色素沈着の恐れもあります。

PDTはにきびの原因菌であるアクネ菌やそれ以外の菌を一気にとり除く働きがあり、さらに皮脂分泌の一時的な抑制効果も期待できます。赤にきびにおけるケアとしては、炎症を抑えることとにきび菌の除去が必要です。この段階までくると自己流のケアで治すのは難しく、早めに専門のクリニックに行く必要があります。なので、しっかりケアすることが必要です。

さらに、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として細菌が繁殖し、炎症を起こしたものを赤にきび(丘疹)と言います。そして、上記の場合のことを膿庖と言います。もしくは、ケミカルピーリングで角質の状態を整えたり、高濃度ビタミンCをイオン導入して、皮脂の分泌を抑制する場合があります。自己流のケアだと、にきび跡を残す原因になりますので注意してください。

この状態を黒にきびと言います。専門のクリニックに行くと、飲み薬や塗り薬などの抗生物質を処方されるでしょう。白にきびの状態で浮き上がった皮脂が酸素に触れると、酸化して皮脂が黒色に変化します。また、にきびの原因でもあるアクネス菌を殺すために、フォトフェイシャルアクネスやクリアタッチといった光療法を行う所もあります。

⇒背中にきびの治療TOP




黒にきびの治療

黒にきびを解消する方法としては、化粧水をつけたコットンで小鼻をはさむようにして皮脂をやさしく押し出します。毛穴につまった皮脂が酸化すると、黒いポツポツとしたにきび、いわゆる黒にきびが目立ってくることがあります。タオルで水気をとった後は、引き締め効果のある化粧水でやさしく丁寧にバッティングすれば、より効果的です。では、具体的にその方法をご説明いたします。

その後、洗顔料を使って十分に顔を洗い流します。毛穴用パックでごっそり取るという方法もありますが、より肌にやさしい方法をお勧めします。黒にきびとは、毛穴に溜まった皮脂が毛穴の外に押し上げられ、酸化して黒ずんでいる状態のにきびのことです。毛包につまってへばりついていた皮脂がオイルで溶かされ、出やすくなります。

まず、熱いお湯をしぼった蒸しタオルを作り、それを鼻に当てて、毛穴を開いた状態にします。毛穴から皮脂を押し出した後は冷水で何度か顔をすすいで、毛穴を引き締めましょう。特に目立つのは小鼻から頬にかけてです。それは、毛穴が開いている入浴時間を利用しておこなうケアです。

黒にきびの予防法としては、肌を清潔に保って睡眠を十分にとり、バランスの良い食事を心がけることです。黒にきびは白にきび同様、初期段階のにきびですが、白にきびより皮脂量が増えており、毛穴とその周辺の炎症も始まっていますので注意してください。また、肌の再生を促進するビタミンCもお勧めです。次に、保温用オイルをつけて小鼻をやさしくマッサージします。

⇒背中にきびの治療TOP


鼻の頭に黒にきび

黒にきび対策について。

くるくるマッサージを数分続けるとぽろぽろ白いものが取れてくるはずです。でもこれはお風呂に入ってるときは角栓(毛穴のブツブツです。

DHCのディープクレンジングオイルをおすすめします。化粧をしてない(落とした)状態で、顔や手を濡らさずに、TVを見ながらやってます。

お肌に合うかどうかはわかりませんが、黒にきび試してみてくださいね。

ふだんはファンケルのマイルドクレンジングオイルを使ってますが、毛穴の黒いのやブツブツ(黒にきび)が目立ってくるとDHCを使います。

⇒背中にきびの治療TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。